FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
エゴマゾさんとの遭遇
相性ってことで言えば、クリトリスじゃなきゃ感じないっていう女性は、少し苦手かも。

理由は、膣内に指を入れてもあまり反応ない代わりに、クリにバイブをあてるとすぐに逝ってしまって、オナニーのお手伝いをさせられているようで...どうも一体感とかがない。別に射精が目的で調教をするわけじゃないので、こちらが絶対に逝かないといけないとかってことはないのだけど、ご主人様にも感じてもらいたいとか、そういう思いやりを持ってセックスしてくれる子の方がいいわな。当然。

Mだからって、受け身一辺倒にならず、かといって奥ゆかしさを持ち合わせ、思いやりのある優しい人。そんなM女性を世の男性、いやサディストは放ってはおかない。長く愛されるM奴隷はそうした素養が備わっているもんだ。

エゴマゾさんは、メール段階でもわかるし、実際にあったらもっとよく分かる。それでも素直ならば躾けで直っていくし、どこに出しても恥ずかしくないような、立派な奴隷になれるんじゃないかって思う。問題は、私はこうというのが強すぎて聞く耳を持たない頑固私はこうです系かな。そういうのは手の施しようがない。

でも出会いって不思議なもので、自分自身がエゴな時、つまり自分勝手にふるまっているなぁっていうときは、まるでそのメンタリティに引き寄せられるかのようにエゴマゾさんが登場したりする。自覚して少し反省したりする時って、それに反応するのか、まともな良識を持った人と出会えることが多い。まあ類は友を呼ぶっていうけど、それってメンタリティー的な部分では結構当たっている法則性だと思う。

・・・ということで、己を鑑みて、気を引き締めて、暑さにも負けず行きまっしょい。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

スレッドテーマ [ アダルト … ひとりごと ]
08/21 21:00 | SMコラム | CM:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
template design by takamu
Copyright © 2006 NOBU All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。